ザロンバイの実の収穫

庭の実の収穫用の2本目のウメが収穫期になり,先日それを収穫しましたので,その状況を紹介します。

収穫時期

このウメの実は、実の大きさに比べ種子が小さく皮も柔らかいので,梅干し用に使っています。梅干しにすると、白加賀等の一般の梅干し用の梅に比べ、酸味がかなり弱く食べ易い様に思われます。梅酒用の梅の実の収穫時期は,中の種子が固まったらまだ青く堅くても収穫します。ちなみに、収穫用の1本目のウメはトウジバイで、最も早く熟すウメで梅酒用に使っていますが、このウメの40日前に収穫しています。梅干し用の実の収穫は、完熟した方が味が良い様に思われますので、熟して落ちるギリギリまで待って行います。でも果実は一般に全ての実が同時に熟すことは無く、1本の木でも南北とか上下の位置によって,塾期に10日から1ケ月の差が有ります。このウメの場合も味と効率を考えて、数%が熟して落ちる様になったら、全体が熟してなくても収穫します。その前に落ちたり取り残した実は,種子の発芽試験に使っています。

実のなり方

ザロンバイになる要件は,強い自家受粉性と複数の雌しべがある事です。このウメも雌しべが4本でその全てが受粉し、今年は成り年で花が沢山付き,花後に沢山の小さい実が落ちたのですが,それでもまだすごい数の実が枝に残っていました。この1輪の中の4本の子房が,熟す迄には殆んどは1個になるのですが,今年は2個残ってくっ付いた実が多く、中には4個くっ付いた実も1例有りました。こんな例は初めてです。

f:id:tanemakijiisan:20210615091109j:image

摘果作業

果樹栽培では成りと年と裏年が出来るのを防ぐ為と大きい実を作る為に、花後にまだ実の小さい内に摘果を行います。またこの木は受粉樹に適しているので,受粉樹に使う場合は裏年が有っては役に立たちませんから、必ず摘果作業をします。家でも摘果をすれば良いのですが,その作業が大変なのでやっていません。その為沢山成り過ぎて、小さい実と大きい実が混ざっています。梅農家では放水銃を使って、摘果作業をしているそうです。

収穫後の作業

成り年の今年の収穫量は25Kgでした。去年は裏年で6.5Kgでした。摘果しないと度成り年は数年に一度になります。

f:id:tanemakijiisan:20210615093321j:image

アルミ容器の上に置いてあるのが、4個くっ付いた実です。

収穫した実を一つ一つヘタを取って掃除して、一晩水に浸けて置きます。その後梅を水から取り出して、塩を全ての実に塗しながら樽に漬け込みます。塩が偏って塊になっていると、塩が付かなかった実の塩漬けが遅れ、その実の鮮度が落ちて実が堅くなってしまいます。塩の割合は、15〜20%にします。蓋をしてその上に5〜10Kgの重しを置きます。4,5日すると、浸出した液が蓋の上まで上がって来ます。

その状態になったら赤紫蘇を用意し,その葉を洗って塩揉みして、絞って出て来る赤黒い汁は捨てて、絞った葉を解して塩漬けの実の上に置きます。蓋を戻して重しを置いて、梅雨明けまでそっと寝かせておきます。

梅雨が明けて晴天が3日以上続く様になったら、梅を樽から出して簾の上に並べて天日に干します。1日目と2日目は、夕方に梅を樽に戻して漬け汁に戻します。3日目は漬け汁には戻さずに、翌日の朝まで干したままにしておき、夜露に当てて「梅干し」の出来上がりです。それを保存用の瓶に収納し冷暗所に置けば、何年でも保存出来ます。

 

次回からはヤマユリの開花が続きますので、それを続けて紹介します。

ノカンゾウの花

そろそろユリの花が咲く時期になりますが、それに先駆けてノカンゾウが鮮やかな橙色の花を咲かせますので紹介します。

雑草以上の逞さ

もう20年以上前に家人が入手して植えた草ですが、植えた場所が落葉樹の下で日当たりもそれほど良くなく、肥料も与えず周りの草も取らないのに、毎年とても良く花を咲かせます。花単体は一日花ですが一茎に付く花の数が多いので、一月間ぐらい咲き続けています。花が終わり近くになると、茎に沢山のアブラムシの一種が付きますが、そのまま放置しても弱って来る様には見えません。花が終わった後は秋になると2,3の茎に、鞘の中に黒い大豆ほどの種子が出来ます。増えても困るので,そのまま放置して蒔いたことは有りません。

宿根荘は毎年少しづつ移動して行くものですが、不思議なことにこのノカンゾウは、移動している様には見えません。名前が「退かんぞう」なので、そう見えるのでしょうかね。

f:id:tanemakijiisan:20210613164522j:image

 

次回は ザロンバイの実の収穫を紹介します。

 

 

ジャガイモの花

ジャガイモ畑一面に可愛い青い花が見られる季節になりました。でも花の後に実がなっているのを見た事がありません。何故なんでしょう。今回は芋類の花と実について見てみましょう。

芋類の花

身近に見られる食用の芋類としては,ジャガイモ,サツマイモ,サトイモ,ヤマイモ,コンニャクが有ります。この中でヤマイモだけが野生種で,雌雄別株で花も咲きタネも出来てムカゴも付けます。その他の芋は食用として改良された園芸種です。またその中で良く花の見られるのは,ジャガイモだけです。でもジャガイモは、花が咲いても実は成りません。この芋類の花が滅多に見られなかったり、花が咲いても実が成らなかったりする理由はよく分かりません。

ジャガイモの実とムカゴ

3年前に家庭菜園の中に植えたままにされたジャガイモが、4株大きく育っているのを見つけました。それをそのままにして観察していると、花の後に緑色の直径1〜2㎝ほどの球体が、全ての株に付いているのを見つけました。その実とは別に、葉の付け根に実と同じくらいの大きさのムカゴが付いていました。たまたま1株だけがこの現象が現れたのであれば、偶然の事象と思われますが、全ての株がこの様になったのは何か特定の原因が有ったのだと考えられます。そのまま観察を続けていると、実は種子が出来る前に株が枯れてしまいました。ムカゴは株が枯れても小さなジャガイモみたいで、下に落ちても生きていました。

f:id:tanemakijiisan:20210606150309j:image

f:id:tanemakijiisan:20210606145451j:image

f:id:tanemakijiisan:20210606150019j:image

更に芋を掘り上げずにそのまま観察を続けると、次の年は細い小さな株が2株出て来ましたが、直ぐ枯れてしまいました。ムカゴの方はすぐに土に埋めて置きました。次の年に芽を出しましたが、15㎝ほどの大きさにしか成らず,花も咲きませんでした。

芋の仲間の野生種がどんな物かは分かりませんが,野生の物はヤマイモの様に花が咲いて種子が出来るのでしょうか。

芋類の増殖方法

園芸種の芋類の増殖方法は、種子を使わずに栄養繁殖に頼っています。今回のジャガイモの成長の様子を見ていると、ムカゴでも中々大きくなりません。多分種子から育てるとムカゴよりもっと遅くなりそうです。そこで園芸種に改良する時に、最も成長が早く効率の良い栄養繁殖になったのでしょう。ジャガイモの今の地中に芋の出来る形態は、地上に付くムカゴが地中に移って木子になり、その茎が伸びた様に思われます。

ジャガイモに実やムカゴが出来た原因

ジャガイモの植え付けは,種芋を芽をつけて2,3個に切り分けて植え付けます。根がしっかりと発達するまでの間の栄養を、種芋から貰う為です。この方法は樹木の揷し木と同様に、個体が若返って花が咲いても実が付かないのかもしれません。人間はこの若返り効果を、上手く利用しているのかもしれません。地中に出来た芋を掘り上げずにそのまま置くと、割られていないので若返らずに老化して、実やムカゴを付けたのかもしれません。ムカゴから出た株を、そのまま何年も放置して観察を続けてみようと思います。

 

次回はノカンゾウを紹介します。

 

ナンテンの花

ナンテンの花の季節になりました。普段よく目にする花ですが、よく観察するとちょっと変わった咲き方をしますので、紹介します。

開花順序

ナンテンの花房は1房に150〜200輪の花を付けます。小さい蕾が大きくなって白くなる迄は、全ての花が同じ様に成長が進みますが、花が開くのは同時ではありません。10輪ぐらいづつ開いていきます。普通の花は開く順番が決まっていますが、この花はその開く順番には全く決まりは無く無秩序です。何故無秩序なのかその理由は、花を隣り合って咲かせずなるべく離れた位置になる様にしたのだと思いますが、とても不思議な咲き方です。ナンテンは虫媒花で小さい甲虫が来て、花粉の袋を破いて行きます。袋に入っている花粉は、とてもべとべとした感じです。虫は蜜でなく花粉を食べているのでしょうか、身体中に花粉を付けて花の中を這い回っています。この花粉の袋を破る前に、既に体についていた花粉によって受粉します。その後破った袋の花粉が、虫の体に付着します。この状態で他の株に行けば、他家受粉になります。直ぐ隣の花に行ってもらっては自家受粉になってしまうのです。花は受粉が済むと直ぐに硬い花弁を落としてしまいます。この花弁のない花にはもう虫は来ません。これは一つの花房に虫を長居をさせない為です。これ等の動きは全て効率よく他家受粉する為のものです。

多くの植物は何とか他家受粉しようと色々な方法を採っています。雌雄別株にしたり、雄しべと雌しべの位置を変えたり、時間差を設けたり等が有ります。このナンテンは、咲く花の数と位置を制限し、咲いている時間を短くして、寄って来た虫を出来るだけ早く他の株に行かせて、他家受粉をする方法を採っているのです。普通の両性花では、とても珍しく巧妙なやり方です。

f:id:tanemakijiisan:20210529162009j:image

 

次回はジャガイモの花を紹介します。

 

 

セイタカヤマシャクヤクの開花

ヤマシャクヤクから遅れること一月半ほど経った5月中旬に、やっと比較用に植えたセイタカヤマシャクヤクが咲きました。

この株の栽培目的

7年前の秋に取り残してしまったセイタカヤマシャクヤクの実が1個有り、他の種子は既に蒔き終わっていたので、ヤマシャクヤクの箱の中に蒔いておきました。セイタカヤマシャクヤクヤマシャクヤクとは別種の植物なのですが、殆どの園芸書等では赤い花が咲くヤマシャクヤクの変種としています。でもこれはヤマシャクヤクの変種ではなく、ヤマシャクヤクとは別種の植物なのです。それをよりはっきり見せる為に、ヤマシャクヤクの中で栽培してみたのです。今年初めての花が咲きましたが、この様に一緒に植えてみるとその違いは一目瞭然です。発芽するのはヤマシャクヤクは秋に蒔いて翌春ですが、セイタカヤマシャクヤクは秋に蒔いて翌々年の春で2年目になります。その翌年からの芽出しはだんだん遅くなり、今年はヤマシャクヤクが花を咲かせている4月初めにやっと芽を出して来ました。4月末になるとヤマシャクヤクの倍の高さに葉を広げて来ます。5月上旬にはヤマシャクヤクの2倍近くの葉になっています。実はヤマシャクヤクは7月に熟しますが、セイタカヤマシャクヤクは9月に熟します。葉はヤマシャクヤクは7月末には枯れますが、セイタカヤマシャクヤクの方は10月末まで枯れません。本来セイタカヤマシャクヤクヤマシャクヤクより深い所に根を張ります。ヤマシャクヤク用の浅い箱に植えると、弱い水不足でも直ぐに枯れてしまいます。

f:id:tanemakijiisan:20210521153612j:image

右端の背の高いのがセイタカヤマシャクヤクです。

 

種の比較方法

現在の植物の種が別種かを判定する際は、その種の形質等を従来種と比較しますが、それぞれの自生地での形質を使います。でもその中には自生地の環境によるものが含まれています。つまり同じ種であるが、自生する場所の環境が大きく異なると、その形質も大きく異なる場合があり、別種と判断されてしまいます。その逆も有ります。これを防ぐ為には、比較する植物をできる限り同じ場所で、発芽から種子の出来るまで栽培して調べる事が是非必要です。

このセイタカヤマシャクヤクも同じ環境で栽培してみると、いろいろな形質で明らかに異なっている事が分かります。ヤマシャクヤクとは自生地が全く違いますが、自生地の環境による違いでは無い事が良く分かります。

この標準地を定めて比較栽培する方法は、扱う植物についてその性質をよく理解して、その栽培法を習得していなければ、適用する事は出来ません。多分栽培法まではよくわからないし、種蒔きから種子の採取まで長い時間がかかると言う理由で、殆ど採用される事が無いのでしょう。

 

次回はナンテンの開花を紹介します。

 

 

サンショウとウメの実の収穫

サンショウとウメの実を収穫しましたので紹介します。

サンショウ

10数年前に庭の隅に自然に生えて来た野生のサンショウが有ります。数年前から実を沢山付ける様になりました。それまで家では実は食べていませんでしたが、せっかく実が採れる様になったので、佃煮にして食べる事にしました。収穫時期は種子の殻が堅くならない5月中旬にしました。野生の株は実を採取する準備作業として、予め棘を外しておく仕事が有ります。棘は葉の付け根の両側に対になって着き、木によってかなりの大小があります。一度取り除けば又生えて来る事は有りませんので、その年伸びた枝の部分の棘を外せば済みます。実が細かいので収量の割に時間がかかります。今回は取り残しの棘を外す作業も有りましたので、全部収穫するのに約4時間掛かりました。その後もっと大変な、実を一粒づつ柄から取り外す作業をします。今回は約8時間掛かり、収量は835gでした。収穫後直ぐに沸騰した湯に塩をひとつまみ入れて、5分ほど茹でました。湯切りした後冷めてから、200gづつ小分けして密封し冷凍保存しました。1年以上保存が効きます。我が家ではこれでちりめん山椒を作ります。

f:id:tanemakijiisan:20210513152748j:image

f:id:tanemakijiisan:20210513134122j:image

5月8日

 

ウメ

このウメは冬至の頃に咲き始める早咲きのトウジバイなので、梅酒用ならば他のウメより少し早く収穫できます。ただこのウメは青梅性を持っていますので、熟しているか分かりにくいのです。そこで種子を割ってみて、芯の白い部分がしっかり堅くなっていれば、梅酒用として収穫できます。普通早咲きのウメは他のウメが咲いていないので、実がつきません。でもこのウメは強い自家受粉性を持っていますので、よく実を付けます。また早咲きは冷害を受けやすいからと農家からは避けられていますが、このウメは冷害にもかなり強い様です。今年は裏年で花が少なかったのですが、それでも5kgほど収穫出来ました。

f:id:tanemakijiisan:20210513164337j:image

f:id:tanemakijiisan:20210513164405j:image

5月10日

 

次回はセイタカヤマシャクヤクの開花を紹介します。

 

 

庭の木の花

春に咲く庭にある山の花木を紹介しまず。

ハコネサンショウバラ

f:id:tanemakijiisan:20210430222236j:image

二十数年前に箱根で実を拾って、種子を蒔いたものです。中々花が咲かず17年目にやっと花を咲かせました。その後は毎年花を咲かせていますが、今年は少な目です。自生地は標高5,600m以上の山地です。暖地の平地でも育つか心配したのですが、殆ど影響が無い様でした。

 

ヤマツツジ

f:id:tanemakijiisan:20210501131514j:image

10年ほど前に山でヤマツツジを、根を少し付けてヒコバエを1本採取して、鉢植えしておきました。木が大きく育って、外へ長く伸ばす枝が何本も出る様になりました。それ等の枝を剪定した時、捨てずに無造作にプランターに挿しておきました。その中の1本だけが根付いて、3年目の株が今年花をたくさん付けました。いろいろな木を剪定した時は、適当な枝を十数本選んで挿しておく事をよくやります。すると1本か2本が根付く事が有ります。その様子を見ていると、その木の挿木の容易さが分かります。品種によっては意外に簡単に挿木が出来るウメやブドウも有ります。

 

マツの発芽

f:id:tanemakijiisan:20210510164321j:image

ヤマシャヤクの根元にマツが発芽しました。毎年何処かの植物を栽培している箱に何本か発芽します。近くの山の上にあるマツの種子が飛んでくるのです。

 

次回はサンショウの若い実の収穫と、トウジバイの実の収穫を紹介します。